ナカジュクの卒塾生の活躍|藤田啓佑先生

ナカジュクHOMEに戻る

知らないうちにチャレンジしている…そんな環境があるのがナカジュク
藤田啓佑|法政大学 理工学部
私立東京成徳大学高等学校(特進)出身
在塾:小1〜高3

今でも忘れられないことは、小学1年生の時の出来事です。入塾初日のクラス授業でした。100マス計算をしたのですが、私だけうまくできなかったんです。他のクラスメイトは数分で解き終わっているのに、私だけ解き終わらない・・。緊張と焦りで全身から汗が噴き出していたことを今でも覚えているくらいです(笑)。そんな時、先生とクラスメイトは私が解き終わるまで待ってくれました。「大丈夫、できるよ。こうしてごらん。」と先生に声をかけてもらいながら、なんとか20分かかって解き終わりました。みんなには迷惑をかけてしまいましたが、この出来事がきっかけになって「あきらめないでやりきる」という習慣が身についたような気がします。小学生の時には、「スキー・スノボ教室」や「夏の自然体験合宿」にも参加しました。都会育ちの私にとっては自然の中で思いっきり体を動かせる経験はとても貴重でした。今では、講師として「スキー・スノボ教室」の引率と指導も行っています。「見守りつつも、適切なタイミングで適切な助言を伝える」という姿勢で生徒にかかわっています。「やりきった!」「あきらめないでよかった!」という体験をたくさん積み重ねて欲しいと思います(かつての私がそうだったように)。

〜生徒の皆さんへメッセージ〜
将来のことを早めに考えるといいと思います。ナカジュクには今と将来を真剣に考えるきっかけがあります。

ナカジュクHOMEに戻る

2017/06/15