板橋教室 越谷教室 千駄木教室

受験の先にあるもの

2019/01/19

塾での勉強は、たしかに、多くの生徒にとって、入学試験合格を目的としたものかもしれません。

しかし、本来、目的とは、それ自体「~したい」というワクワクするものだと思っています。

たとえば、多くの人は、受験に対して「受験したい!」と思っているわけではないと思いますし、受験自体必ずしもワクワクするものではなさそうです。他方、高校で生徒会に入って活動したい!ダンス部に入りたい!という思いは、ワクワクするものだと思います。

 

多くの人にとって、受験自体は、したくないことなのに、なぜあなたは受験をするのでしょうか?なぜ、あなたはその学校に合格したいのか?

それは、きっとその合格の先に何かやりたいことや、なりたい自分があるはずだからです!なりたい自分や、やりたいことをイメージすれば、ワクワクすると思います!

そう考えれば、受験合格は、あくまで通過点に過ぎず、なりたい自分、実現したいことへのスタートに過ぎないことがわかります。

だから、僕は、あなたに受験合格を目的にして欲しくないのです。受験合格の先にある、なりたい自分や実現したいワクワクすることを目的にして欲しいと思っています!

 

ワクワクする思い × 行動 = 良き未来

 

ある本で、こんな式を読みました。まったくその通りだと思います!

私立入試が近づいてきましたね。今日もいつもと同じように勉強していますね。応援しています。

秋山大治郎

-板橋教室, 越谷教室, 千駄木教室