板橋教室 越谷教室

夏期講習と過去形

2016/07/30

ナカジュクでは、夏期講習の真っ最中です!特に、受験生は、志望校合格を目指して、頭をフル回転させています!中1・2生、小学生たちは、来る2学期に向けて復習に力を入れています!

 

やはり、受験生は、集中力が違います!ほとんどの生徒は、自分のやるべきことをやり、自習にも積極的に参加しています。

 

しかし、まだまだ本気になり切れていない人もいます。

 

7月25日発行のみやざき中央新聞に、皆さんにぜひお伝えしたい記事がありました。

元全日空機長の山形和行さんの記事です。

 

「私は100歳の人とゴルフをしたことがあります。その人からこんなことを教えられました。

たとえば、『受験生は「合格したい」と思うが、それだけじゃダメだ』と。

『「合格した!」と過去形で思いなさい』と言うのです。

そして『合格して、その学校に入っているとイメージしながら勉強しなさい。そうすると自分が得たいと思っているものはすべて得られる』とおっしゃいました。

また、『すべて前向きに考えろ。愚痴をこぼすな。感謝の気持ちを忘れるな。この三つを意識してやれば、得たいものは全て得られる』とおっしゃいました。

実は、私は大学受験で失敗しています。そのおかげで(?)航空大学に入学し、パイロットになれました。一生懸命努力する人には必ず別の道が与えられていくのです。

とにかく、人の言うことは信じられなくても、自分の力を信じて頑張りましょう!」

P1060714

秋山大治郎

-板橋教室, 越谷教室