板橋教室 蓮根教室 越谷教室 東川口教室 かわやなぎ教室 高島平教室 きよみ野教室 美南教室 千駄木教室

平成30年度 中学入試のトピックス!

①三大模試共に受験者増加

三大模試・・・首都圏模試、日能研、四谷大塚

首都圏模試+850名  日能研+300名  四谷大塚+1000名

→以前よりも中学受験がソフトで、身近なものになってきている。

②付属校人気が高い

早慶、MARCH、学習院が増加

日大系、東海大系も増加(その他、香蘭、女子美など)

→2020年大学入試改革に具体的な見通しが立たないことに加え、有名大学が合格者を絞り込んでいて、首都圏の大学入試が難化していることが保護者に伝わってきている。

③適性検査型入試・・・中高一貫校の受験者減少が止まる(21校中10校が増加)

これまでは都立中高一貫校のプレテストとして私立が適性検査型入試を行っていたが、入試回数が増え、入学するケースが増えてきた。

④英語力を伸ばしてくれる学校が人気

(帰国生でない)英語入試はこれからに増加傾向

⑤女子校の「算数1科」入試に集まる

算数1科入試は高輪などの男子校で見られる入試だったが、品川女子学院、大妻中野にも見られ、受検者も集まった

⑥思考力入試、表現力入試、総合入試

思考力型・・・かえつ有明、工学院大学付属、聖学院など

自己アピール・表現型・・・芝浦工、麗澤、女子美

総合・合科型・・・明大中野八王子、共立女子、品川女子学院、光塩女子

受験者は少ないが、多様な入試が出てきた。現状、対策が立てづらく、敬遠されがちである。

⑦開成中が80名以上の繰り上げ合格

開成に限らず、中高一貫の発表日である2/9や私立中学校の一斉招集日である2/11を中心に繰り上げ合格者を出している。

→価値観の多様化による「開成→東大」という価値観が薄れてきている

 

これらはあくまで大局的な見方です。

お子様一人ひとりに合った悔いのない受験をしていただければと思います。

 

岩瀬善孝

-板橋教室, 蓮根教室, 越谷教室, 東川口教室, かわやなぎ教室, 高島平教室, きよみ野教室, 美南教室, 千駄木教室