板橋教室

当たり前のこと

2015-08-21 11.17.41

今朝の教室の様子です。

午前中に中3生の授業がなく、教室が空いていたので、中学3年生が1人自習をしています。

 

昨日、ある企業を特集し、

社員のやる気、お店の綺麗さ、売り上げは比例する」

とテレビでやっていました。

「社員がやる気であれば、お店が綺麗になり、

社員にやる気があり、お店が綺麗であれば、

お客様は満足してサービスを受ける」

ということだと思います。

また、当たり前のことをきちんとできていれば、

売上はきちんと上がっていく、ということでもあると思います。

 

今年の中3生は自習をした後に、雑巾で机を拭いて、机をそろえてから帰ります。

僕は当たり前のことができることと成績は比例すると思っています。

それは決して、他人と比べたときに、勉強ができる生徒=掃除ができる生徒ではなく、

身の周りを整理できなかった人が整理できるようになって勉強にもいい影響を与えているということです。

 

「受験=たくさん勉強する」と考えがちですが、

「受験を通して当たり前のことができるようになる」ということが本当は大切なのではないかと思います。

その意味で、今年の中学3年生は期待に応えてくれる生徒が多く、

受験が彼らの人生の転機になるといいなと願っています。

 

岩瀬善孝

-板橋教室