板橋教室 蓮根教室 越谷教室 かわやなぎ教室 高島平教室 きよみ野教室 美南教室

負けるな!!!

「質問者 ― 僕、今24歳でニートなんですけど、自信のつけ方を教えて欲しいんです。人に認められたいという気持ちがすごく強いんですけどそれを解消するにはどうしたらいのでしょうか。」

佐藤さん 「自分に自信がないというのは今どきの若者の特徴です。
 それはなぜかというと、人と比べる価値観があるからです。人と比べることでしか自分の尊厳を保てないんです。学年で1番になったとか、部活で優勝したとか、人と比べる価値観の中でずっと生きてきたからだと思います。
 おそらく、人と比べているような生き方では、いつまで経っても自分に自信なんか持てません。だって、世の中にはあなたよりも格好いい人はいくらでもいるし、あなたよりも優秀な人はいくらでもいます。あなたよりもちゃんとしている人もたくさんいるんです。
 だから、いつまでも人と比べて『僕、まだまだです。自分に自信が持てません』と言うようなことでは、永遠に自信なんか持てません。
『僕は自分に自信があります』、こういうと『それは佐藤先生だから言えるんだ』と思われるかもしれませんけど、そんなことないです。僕よりお金持ちの人、社会的地位がある人、優秀な人はいくらでもいます。だけど、僕は自分に自信があります。それは、他人と比べていないからです。
 1年前の自分よりも、今の自分は成長しているということに確信を持っています。1年前の自分だってそこそこ頑張っていたと思うけど、そのがんばっていた自分よりも1年後の自分がもっと伸びているとしたら、2年後、5年後、10年後の自分はもっと成長しているはずです。僕は自分の未来に自信を持っているんです。『もっとやれる自分がいるはずだ』と。
 その未来の自分を誰よりも自分が信じてあげることでしか、自信って始まらないんじゃないかと僕は思っています。
 人と比べることなんかに全く意味はありません。比べるなら過去の自分と比べてどれだけ伸びたか、そこに確信を持つこと、そして信じるのは、未来の自分です。
 そしたら、自分に自信が持てます。自信は『自分を信じること』ですから。

 人は誰もが周りの人から認められたい、信じてもらいたいと思っています。みんなそう思いながら生きています。『大丈夫だよ、お前のこと信用しているよ』と言って欲しいんです。
 だけど、自分が自分のことを信用していないのに、自分が自分の未来を信用していないのに、周りの人が『お前のこと信じているよ』と言ってくれるなんて絶対にあり得ませんよ。
 たとえ、周りの人から『お前なんか絶対信じない』『お前にはそんなこと無理だよ』なんて言われても、『俺は俺の未来を信じる。自分には自信がある』と言い続けた時に、『わかった。お前がそこまで言うんだったら、俺も信じるよ』となっていくんじゃないかなと思うんです。」(佐藤剛史「ゴーシ先生の婚学・自立学3限目」みやざき中央新聞2014/5/5)

-板橋教室, 蓮根教室, 越谷教室, かわやなぎ教室, 高島平教室, きよみ野教室, 美南教室