きよみ野教室 美南教室

平成29年度 埼玉県公立入試分析 社会・理科

入試分析の今日は、社会と理科です。

  • 社会

大問3

歴史 問5(2)日本とヨーロッパの歴史の複合問題で高難度。

年代の暗記より関係性(ロシア革命とシベリア出兵)で理解させたい。

大問6 問5と問6も難度が高い。

「現代の社会と直接かかわる問題」として作られたか。

現代の社会問題への関心も引き出したい。

教科書の太字内容を抑え、より高得点を狙う生徒には記述(=○○とは何か説明する)の練習をするのがよい。

  • 理科

大問1 小問集合「天気」「天体」「生物」「原子」「状態変化」「音」「電流」(20点)

大問2 地学「地震」(20点)

大問3 生物「人の体」(20点)

大問4 化学「化学変化」(20点)

大問5 物理「物体の運動」(20点)

全分野から万遍なく出題されている。

 

中学校から高校入試の得点開示があり、

中学3年生が少しずつ教えてくれています。

社会は得点を取れている生徒が比較的多く、平均点が高いことが予想されます。

皆さんはもしかしたら得意科目、不得意科目があるかもしれませんが、

実際の受験ではどの科目が自分を救ってくれるか、わかりません。

なるべく苦手を作らないように全科目の全単元をしっかりと勉強しましょう!

 

話は変わって、4月2日(日)。

西中先生と一緒に、なまずの里マラソンに参加します。

ゆっくりと吉川の景色を見ながら、走りたいと思います。

 

きよみ野教室・美南教室 岩瀬善孝

-きよみ野教室, 美南教室