越谷教室

ある詩

2016/11/26

みやざき中央新聞にある詩が載っていました。

この詩は、ニューヨーク州立大学病院のロビーに掲げられているようです。

 

「大きなことを成し遂げるために力を与えてほしいと神に求めたのに謙虚を学ぶようにと弱さを授かった

 

より偉大なことが出来るようにと健康を求めたのによりよきことができるようにと病弱を与えられた

 

幸せになろうとして富を求めたのに賢明であるようにと貧困を授かった

 

世の人の称賛を得ようとして成功を求めたのに得意にならないようにと失敗を授かった

 

求めた物は一つとして与えられなかったが願いはすべて聞き届けられた

 

私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されていたのだ」

(2016年11月14日付みやざき中央新聞「アメイジング・グレイス~魂の夜明け4」神渡良平)

 

神渡さんは、こんなこともおっしゃっています。

「この人の苦しみも『サムシング・グレート』には分かっていて、『つらいだろうけど投げ出すなよ。心を強くし、頑張って乗り越えてくれ』と願っていらっしゃるのです。

 そのメッセージに気づいたとき、私たちは『何が起ころうとも真正面から受けて立とう。私の存在のすべてを懸けてそれを乗り越えていこう』という気持ちになれるのだと思います。」

p1060942

秋山大治郎

-越谷教室