越谷教室 千駄木教室

人が生きる意味

本日は首都模試が行われます。頑張ってください!

人が生きるということは、どういうことでしょうか?人が死ぬとはどういうことなのでしょうか?

この質問自体、抽象的でつかみどころのないもので恐縮ですが。

この答えは、きっと一人一人がそれぞれの中に持っていると思います。きっとあなたの心の中にもあるはずです。答えが出るまでには、まだまだ長い年月と思考が必要だとしても。

僕は、自分自身ももちろん、子どもたちがこんな風に生きられたら幸せなのではないかと思っています。どう生きるか?のヒントになるかもしれません。

 

口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
目は人のよいところを見るために使おう
手足は人を助けるために使おう
心は人の痛みがわかるために使おう
━━━━━  腰塚勇人(「命の授業」講演家)

秋山大治郎

-越谷教室, 千駄木教室