越谷教室 千駄木教室

僕が伝えたいこと

小学校では、算数が一番嫌いでした。

中学に入っても、数学が嫌いでした。しかし、それは中2まで。

中3の夏休み、塾の夏期講習に参加しました。そこで、今まで習った基礎計算(小学校で習うものも含めて)をとにかくやりました。

そうしたら、何と、数学が驚くほどわかるようになりました。驚きでした。今習っている単元も理解できるようになったのです。そうすると、なぜか、他の科目までよくわかるようになり、成績が上がり始めたのでした。

おそらく、僕は、この時に計算問題を特訓したことで一定の論理力を身につけたのではないかと思います。論理力は、全ての科目に必要な力です。筋道を立てて考えることが楽しいですし、最も必要なことだと思います(と言いつつ、恥ずかしながら、僕自身それほど論理的な人間ではないとも思いますが)。

それ以降の学校の授業は、楽しくて仕方がありませんでした。

そんな思いを、ぜひ勉強がわからなくて、悩み苦しんでいる子どもたちに味わって欲しいと思います。

人は、本当に変わることができます。ささやかですが、そのためのお手伝いをしたい思っています。

秋山大治郎

-越谷教室, 千駄木教室