越谷教室 東川口教室 かわやなぎ教室

内閣支持率と失敗は本当に失敗か?と勉強合宿

このところ、政治のニュースが多いです。中3生は、2学期から公民の授業が始まります。ぜひ、ニュースに目を向けてみましょう。また、夏の自由研究については、理科的なものが多いですが、世の中のすべてのものは研究対象になりえます。たとえば、算数・数学の歴史や公式の説明、政治の仕組み、歴史的人物の一生とそこから見えてくる生き方についてなど(これらの方が難しいかも?)、文献を丹念に読んでまとめるのも十分な自由研究になると思います(なんてったって「自由」な「研究」ですから!)。

 

このところ、失敗について考えることがありました。失敗は本当に失敗か?

結論からいえば、失敗かどうかは、その失敗と思われる出来事以後の未来をどう生きるかで決まる!というものです。

たとえば、北辰テストで悪い点数をとってしまったとします。これは、客観的に見て失敗と思われることです。

しかし、そのあと、悔しくて悔しくて奮起して努力を重ね、次回の北辰テストで偏差値が上がったとしたらどうでしょう?

悪い結果をとったことは必ずしも失敗とは言えないでしょう。過去は変えられないので失敗は失敗であるとも言えますが、僕はそう思いません。その失敗と思われる出来事は、成功の一部だと言いたいです。なぜなら、それがなければ、あとの成功はなかったのですから!

 

今回言いたかったことは、失敗と思われることがあったら、それをそのままにしないで、良き未来を生き切れ!ということです!どんなに悪いことだと思われる出来事に遭遇したとしても、それは、未来をどう生きるかで意味が変わるのです!その意味を変えられるのは、あなたです!

 

勉強合宿が30日から始まります!先生たちは、皆さんの学力アップのために様々な仕掛けをしています!参加する生徒たちには、忘れられない夏になるでしょう!

良き未来を生き切れ!

秋山大治郎

 

 

-越谷教室, 東川口教室, かわやなぎ教室