越谷教室 千駄木教室

縮むアラル海

ナカジュク越谷教室で購読している朝日小学生新聞に、「縮むアラル海」という題で、アラル海の環境破壊の記事がありました。

アラル海は、かつて世界第4位の湖水面積がありました。しかし、湖水面積は、この50年ほどの間に10分の1になってしまいました。20世紀最大の環境破壊と言われているようです。

 

この記事には、なぜ湖水面積が減ってしまったのか?という原因が書かれています。興味がある人は、ぜひ調べてみてください。

新聞は、様々なことを教えてくれます。越谷教室の小学生たちは、授業の前に気になる記事を読むようにしています。活字を読むのは楽しいです。小野田先生のおかげでだいぶ読む習慣が身につきました。引き続き、活字を読むことを続けます。

飛澤尚弥

-越谷教室, 千駄木教室