越谷教室 千駄木教室

過去問

入試が近づいてきました。

この時期に過去問を演習することが多いと思います。過去問を演習する最も大きな意義は何でしょうか?

問題の傾向を知ることなど、いろいろあると思いますが、僕は、自分の弱点を知ることだと思います。冬休みという学校がないこの時期に、過去問を解き、自分の弱点(理解できていないところ、覚えきれていないところ)を発見することが大事です。過去問でいくら良い点が取れても、当日に良い点が取れるという保証はありません。なぜなら、まったく同じ問題は出題されないからです。

過去問を解き、自分の弱点を知り、そこを克服するために淡々と復習してください。応援しています!

 

 

人はどんな高いところでも登ることができる。しかし、それには決意と自信がなければならない。

  —アンデルセン(世界の童話王)

 

秋山大治郎

-越谷教室, 千駄木教室