越谷教室 千駄木教室

難しいけど、面白いね!

2018/11/23

今日、うれしいことがありました。

中学受験生と一緒に算数の勉強をしていました。難しい問題に取り組んでいました。よく考えているのですが、なかなか正解にたどり着きませんでした。

結局、考えに考えて出した答えは間違っていました。

しかし、その生徒は、「難しいけど、面白いね!」と言ってくれたのでした。

すごくうれしかった!

問題が難しい場合には、なかなか正解にたどり着くことができません。正解を導き出すことは、塾での一応のゴールですが、僕は、そこが本当のゴールだとは考えていません。本当のゴールは、考える力をつけて、問題のないところ(問題がないようにみえるところ)から、皆が気付かない、新しい問題を発見し自分なりの解答を出す力、または、実際に生じた問題を解決する能力、もしくは、新しいことを創造する力を習得することです。これは、生半可ではありません。相当の努力が必要です。しかし、学ぶことは面白いです。その面白さを伝えつつ、僕自身もナカジュクの生徒たちと一緒に、その高みまで上りつめたいと思っています。

秋山大治郎

-越谷教室, 千駄木教室