千駄木教室

似ている人

中間テストが終わり、テストが返されています。

点数が良かった科目もあれば、悪かった科目もあります。それぞれの生徒たちに原因を聞くと、皆それぞれ自己分析ができていました。結果は、非常に重要です。言い訳ができません。

しかし、その一方で、過程も大事にして欲しいと思っています。たとえば、結果として間違ったけれども、一生懸命に考えて自分なりに正しいと思った答えを出したこと。

苦手科目で良い点数を取ることは決して簡単ではありません。しかし、自分なりに考えて答えを出すことができて初めて、自分のどこが間違えていたかがわかるのです。

フェルマーの定理を約360年後に証明したアンドリュー・ワイルズでさえ、一度目の証明は間違えていました。その間違えたことが悪かったとは誰も言わないでしょう。

 

話は変わりますが、ある生徒の学校の数学の先生と僕の顔がよく似ているとのこと。聞けば、バスケット部顧問(僕も中高バスケ部でした)、名前も同じらしいのです。すごい偶然です。その子は僕から血液型を聞き出し、その先生にも聞いてみるそうです。もし血液型まで一緒だったら会いに行こうかなと思っています。

期末テストもがんばろう!

飛澤尚弥

-千駄木教室