高島平教室

赤川次郎

中学の時、赤川次郎さんの小説が流行っていました。文体は読みやすく、内容も親しみやすいものでした。

小学校の時は、けっこう大きくて、ぶ厚い本が図書館にありました。重いのですが、良く借りていました。当時は、文庫本は大人が読む本と勝手に決めていましたので、本屋さんでも手に取ることはありませんでした。

あるときに、思い切って文庫を買ってみようと一大決心しまして(そんなにだいそれたことではないのですが、大人が買うものを小学校高学年の子供が買うのはけっこう勇気がいりました)、西村京太郎さんの『伊豆七島殺人事件』を買いました(こんな地味な本を良く買ったと思いますが、当時も今も推理小説が好きですので。西村京太郎さんの本を買ったのは、親の影響か、テレビの影響だと思います)。内容は忘れてしまいましたが、大人の世界が垣間見え、ドキドキしました。

赤川次郎さんの本は、中学の同級生の女の子たちが良く読んでおりまして、そんなに面白いのなら読んでみようということで、『殺人はそよ風のように』(また殺人か・・・物騒ですね・・・。)を買いました。とても読みやすく、面白かったので、引き続き、三毛猫ホームズシリーズなどを読みました。

そんなわけで、中学生のあなたに、今どきは全く流行らないかもしれない(赤川さんに怒られそうですが)赤川次郎さんの本を読むことをお薦めいたします。ドラマ化されましたが、『ふたり』という本も僕は好きです。

速読体験会実施中です!

秋山大治郎

-高島平教室