2020.8.13

「仲間」

 毎年この時期は、中3の勉強合宿を始め、高校生英語、中学受験、自然体験などの合宿を行っていました。今年はぎりぎりまで悩みましたが、中止と決定しました。ナカジュクの合宿は7教室合同で行うので、ほとんどが初めて会う人です。おそらく相当緊張や不安があると思います。そこで先ず最初に話すことが、「仲間」についてです。「仲間」と「友達」はどう違うか?「友達」は目的に合わせてコミュニケーションを取ることができます。例えば、「カフェに行く友達」「旅行へ行く友達」など。一方、「仲間」は基本的にメンバーを選ぶことができません。例えば、「学校のクラス」「部活」などがそれです。だから、うまくやっていくために知恵を絞らなければならないのです。「相手の良いところ見つける」とか「一人ひとりの役割考える」とか…。

 

さて、私たちが最初に出会う仲間は「家族」です。「家族」もお互いが「この人がいい」と選んだわけではありませんから、やはり、うまくやっていくには訓練が必要です。そして、それらは、「社会」に出てからうまくやっていくための練習だと思います。

 

 

合宿で初めて会った仲間たちとグループを作ってもらい、お互いポジティブな第一印象を伝え合うと、意外と当たっていたりして、みんな笑顔になり、最終日には、ナカジュク全体が一つの「チーム(仲間)」になっていきます。

 生徒一人ひとりが、しっかりと「人間力」を付けて、社会に飛び立ってもらうのが私たちの願いです。

 

夏期講習も前半が終わりました。

コロナ禍の世の中だからこそできたことを一つでも増やし、生徒たちの将来に活かしていきたいと思っています!

アーカイブ