2020.6.5

ナカジュク生が学校再開にスムーズに戻れた理由とは?

前回、本格的な学校スタートに伴い、生活リズムが維持できているのか?ということについてお伝えしました。

 

<前回記事>

本格的に学校スタート!生活リズムは維持できている?

休校期間が3か月もあったことで、生活リズムが崩れてしまっている子は学校の授業は、辛くて辛くて仕方がないはずです。
毎日、自宅にいることが求められて、娯楽施設は軒並み閉館。遊べる場所がない子は、せっせとオンラインゲームやスマホゲームにいそしんだことでしょう。
知っていますか?スマートフォンは、ブルーライトという光が出ており、睡眠導入が阻害されてしまうそうです。

つまり??

夜でも、目が冴えてしまう→夜更かし→翌日は、朝起きれない・起きる時間が遅い→夜眠くなりにくい

 

そう、

 

悪 循 環 !!

 

 

では、ナカジュクの生徒が、なぜ朝スムーズに起きることができているのか?

 

ナカジュクの当教室の生徒たちは、そんな生徒が実に少なかった!(はず)

 

その理由は…

 

 

 

午前中から塾があったから!!

 

はい、ズバリそうなんです。

 

4月~5月のGW、そして5月の平日と、ナカジュク蓮根教室は「オンラインで生活リズムを整える」という取り組みを独自にとりました。

 

生活リズムを崩すことは、学校再開をしたときに「再起不能の状態になってしまうからです」。

 

塾での勉強は大切ですが、何より塾は学校があっての塾です。

週5日間、昼間の大半の時間を過ごしています。その時間が充実しているか、していないのか?これは大きな問題です。

 

塾という立場ですが、何より昼間の時間が充実しているのかどうか、これが大切だと考えていました。

 

だからこそ、ナカジュク蓮根教室では、朝9:00または10:00からオンラインを通じて学校課題などをサポートしていきました!

↓こちらが、その時の様子です!

 

全国的にオンラインで授業ということをしている塾は多いと思います。

ですが、私小泉が昨年から教室長になってからは、少しずつ映像ツールやオンラインをベストマッチさせる形で運営をしてきました。そのため、今年のコロナによる休校期間であっても学びが止まるどころか、加速した生徒たちも多かったというのは、胸を張れるのではないでしょうか。

 

休校であることを逆手にとって、朝から学習をしながら、学校内容の先取りを進めていきました!

学校が始まっても、

 

朝から学習もOK!

学校内容もOK!

 

という盤石な状態で学校に登校を再開した、ナカジュク生です!

常に、ナカジュク蓮根教室は、生徒・保護者・スタッフが最も良い学びができることを模索・ご提供していきます!学習に不安を覚えていたり、今後のコロナ第2波に備えたいという方は、お気軽にご相談ください!

 

お問い合わせはコチラをクリック!

 

(【アピール!】実は、私小泉は、こうしたオンライン授業や映像授業などの使い方で、他塾や団体に研修講師依頼をいただけるくらい、熟知しております!)

 

蓮根教室のTwitterもチェック!

最近の記事

アーカイブ