2020.6.30

大学受験生は英検を受けた方が、ゼッタイ良いという話

こんにちは。ナカジュク蓮根教室の小泉です。

 

今回は、タイトルで内容が、もうわかってしまっているのですが、「大学受験生は英検を受けた方が良い」ということをご紹介します。

 

多くの方は、英検2級の合格を目指して、既に受けていると思います。

はたまた、受けていない人もいます。

 

かくいう、私小泉も、昨年まではあまり英検の受験に関して、積極的ではない部分がありました。

 

ですが、東京在住の高校生には、ハッキリと申し上げておきたい!

 

英検、2級合格はもちろん、

 

高スコアを目指しましょう!

 

これには、学校の先生が、「受けた方がいいよぉ~」くらいの軽い感じではなく、もう必須!というくらいです。

(上位の大学が求めている力を測る指標として、適切かどうかは、一旦ここでは置いておきましょう)

 

東京に住んでおり、近隣の大学を受験する高校生にとっては、受験戦略的に、とても有効な手段となっています。

 

この理由が説明できない、と大学受験に向けた指導としては、いかがなものか?というくらい、重要です!

 

大学入試って一般入試が難しくなっている!?

昨今の受験生は、社会(大人)が作るルールにとても、振り回されてしまっていて、気の毒に思うことが多々あります。ですが、それはそれで、理由があることですので、仕組みの中で結果を残さなければならない皆さんは、文句を言いたくても、(言っても構いませんが)現実から目を背けてはいけません!

理由1.英語4技能を取り入れた入試、大学入試改革

既に、ニュースなどになっていますが、従来だと2020年度入試から、共通テストに民間英語試験(英検等)を活用する入試が先行していました。英検などを国立大学が取り入れるということを文科省が求めていたことで、それに合わせる形で、私立大学は先行して入試改革を行いました。

つまり、「民間英語試験活用型」という入試形式が年々増えていきました。

英語試験の活用型として、総合選抜型の入試(AO入試)で大いに活用されましたが、一般入試でも活用型が増えました。

 

多くは、英検2級やCSEスコアで基準を設けており、それを一般入試へ得点化するケースが多くなっています。
英検のサイトで確認ができます。

 

昨年の例だと、英検2級で明治学院大や東洋大で英語試験が免除されたり、80点換算されるなど、相当な優遇をしています。

 

とらう大学の職員の方によれば、英検2級保持者(得点80点換算)した受験生が一般入試を受けたとしても、実際には80点を得点できないそうです。

 

つまり、英検2級で出願をしていた方が、「入試の得点率が高く換算されやすい」といえます。

さらに、英検などの外部試験は一発勝負ではなく、年間で何度も受験する機会があります。

(中堅私大の中には、さらに出願に使える試験結果を高1時点から、と大幅に広げている学校も出てきました)

理由2.文科省が大学合格者定員に対して厳しくした!

これが理由としては、最も大きいと思います。

文科省は、2016年度から段階的に、募集人数に対しての合格者の数を厳しています。

この理由は、首都圏に集中する受験生を地方へと回帰させることだといわれています。

 

これは私立大学に限ってですが、合格者の数値を厳しくしたことで、これまである程度入学辞退をする学生を見込んで多めに出していた合格を出せなくなってしまいました。

 

私立大学へ支給する補助金をカットするという方法を用いたので、世の中の私立大学は完全にそれらに従わざるを得ない形となりました。

 

私立大学も、経営をしていかなければなりませんから、補助金がカットになることは避けなくてはならなくなります。結果的に、大学側は自分たちが募集する定員に対して一定の比率までしか合格者を出せなくなってしまいました。

 

理由3.上位の大学の合格発表による辞退者が多くなる!

当然ですが、皆さん第1志望があると思いますが、自分がチャレンジで受けていた大学に合格したらどうしますか?もちろん、本来の希望の大学、学部へ選択する人もいると思いますが、チャレンジでも合格した大学へ進学する!という人が、多いのではないでしょうか?

これが、何を意味するのか?

 

第一志望であっても、まだまだ大学のレベルというのを気にする人は多いはず。
世の中は、既に学歴社会ではない、という部分は現実的になってきてはいますが、一定の学力や学ぶ力などがある学生を取りたい、という企業からすれば、学歴というのは、都合のいい尺度であり、わかりやすいフィルターとも言えます。もちろん、このデメリットも存在し、かつてほどのものはありません。

 

話が少しそれましたが、この上位の大学へ合格をすれば、多くの人は、ランキングや人気に上位に位置する大学に進学する、ということです。

 

イコール、これは、既に合格をしていた大学を辞退する、ということになります。

もちろん、受験生であり、最も当事者である人ですから、当然、その選択はOKなわけです。

 

 

ですが、目線を変えてみてください。

 

そう、「大学側」です。

 

一部の上位大学や人気の大学にとっては、第一志望校率が高いので、歩留まり率(手続きしてくれて、入学してくれる率)が高いです。

 

ですが、中堅以下の私立大学になってくると、どうでしょうか?

少し考えると、わかってくるのではないでしょうか。

 

大学は、それぞれ上位の大学の合格発表日を考慮して、事務手続き日程を設定しています。

それは、やはり上位の大学の学校の合否によって、入学手続きをする人数が変動するためです。

 

時期としては、

1番最後は 国公立の二次試験

次いで、早稲田や慶応(時期は早稲田の方が後)

その手前にGMARCH

次いで日東駒専などのグループ群(最近は明治学院や大正大学などもこのあたりでしょうか)

 

そうなっていくと、こういった序列(決して大学の良し悪しではありません)に連動して、中堅私立大学は合格しても、辞退者が続出→追加合格が3月にズレ込むという構図が出来上がってしまうのです。

理由4.AO入試・公募制推薦でとる=定員が減る

上記のような、一般入試は自分の大学だけで、コントロールができなくなると大学は非常に運営をしにくくなるわけです。よって、入学者を確実に事前に確保する方法へと切り替わります。

 

それが、いわゆるAO入試・公募制推薦など呼ばれる入試です(今年からは総合選抜入試という呼称に!)

 

この入試は、10月頃からスタートしますが、受験条件として「第一志望であること」が求められます。

つまり、合格したら、確実に入学することが求められるということです。

 

受験生側からすると、一般受験だけよりも、チャンスが広がりますので、ダメ元で受験する学生も増えますし、高校の進路指導もそういった指導をしながら、合格者数を確保していこうとします。

 

目線を変えて、大学側から見てみると、どうでしょうか。

例えば、定員200名を確保したい大学があるとします。

一般入試だけで確保をしようとすると、理由3で挙げた状況から、3月に入学者を確保できるかわからない、不確実さが残ります。そして、手続きを100名してくれても、残り100名は入学してくれるかどうかわかりません。大学側が入学定員を増やすにも、現在は文科省の認可が必要ですので、大学都合で増やすことができません。

 

一方、AO系の入試で定員を増やすとどうなるでしょうか?

AO系入試で100名確保したとすると、一般入試で100名を取ればいいわけです。

 

こちらの方が、不確実な要素が減っていきますし、他の大学の合否の影響を待たずともよくなるわけです。

 

こうして、一般入試の定員はAO系の入試にスライドしていく流れになりつつあります。

 

 

ちょっと長くなってしまいましたが、現在の受験の仕組み上の功罪の議論はありますが、

客観的にみると、大学進学を目指す人は

 

「英検などの外部試験の受験をした方が受験で優位になりやすい」ということが言えると思います。

 

だから、ナカジュクでは「4技能型の英検対策講座」をご用意しました!

 

こうしたことから、

ナカジュクでは、夏期講習で「英検対策4技能対応講座」をご用意しました!気になる方、詳しく相談したい方は、ぜひお問い合わせください!気軽に相談程度でもOKです!

 

大学受験は、「情報」と「戦略」が極めて重要になります!
あとから知って、受験で不利にならないようにしていただければと思います。

 

 

お問い合わせはコチラ

※現在、ナカジュクでは「コロナに負けない、夏のキャンペーンを実施中です!」

お得な機会になっていますので、ご利用ください!

蓮根教室のTwitterもチェック!

 

最近の記事

アーカイブ