2020.9.24

点数がとれないのは、生徒のせいではないかも!?

こんにちは。蓮根教室の小泉です。

 

9月に入りまして、受験学年以外のお問合わせをいただくことが増えました。

このきっかけになっているのは、「定期テスト」であるようです。

 

今年は、学校の休校期間があったり、学校行事が見送られてしまっていることなどから、学校の進度に影響が出ているようです。

その影響で、学校のレベルでもついていけない子が増えてきているようです。

また、近隣の中学校(志村四中、志村三中など)では恐ろしいことですが「学力の二極化」が促進しているようです。

そして、学校のテストで点数がとれないのは、必ずしも生徒の努力不足とはいえない可能性が出てきました。

学校の授業がスピードアップしている 影響は大。

休校期間があったことで、1学期は思うような対面授業ができませんでした。

これによって、学校の先生たちは学習カリキュラムを進めるスピードをアップせざるを得なくなってしまいました。

 

スピードアップするということは、どういうことか??

 

  • ①演習の時間や回数が減る
  • 学校の授業では、「新しいことを習う授業」と、「演習・練習の授業」の2つに大きくは分かれます。

数学などで顕著ですが、本来は、授業内で練習をしていた子は、学校の授業スピードアップすることで、基礎的な部分をマスターせずに次にすすでいくことになります。これが、非常に大きい問題です。

1学期は、次の単元への橋渡し、基礎となる部分が多い時期です。このタイミングであやふやで取り組んでしまっては、徐々にその影響が時間とともに大きくなってきてしまっています。9月になってお問合せいただくケースは、そういったケースが非常に多いです。

 

②提出物の分量

定期テストも1学期は1回だけになりました。そのため、9教科分の提出課題は、はてしなく膨大となりました。

通常、学校の先生は担当科目分の提出課題にだけ責任を負います。

それを、テスト範囲をまとめる先生が、1枚のテスト範囲にまとめるため、生徒自身が実質的に取り組む課題の総量は、把握できていないようです。

 

これは、全国の学校で発生しており、知り合いの塾でもこの影響を危惧する声が大きくなっています。

 

課題量が膨大になると、通常の中学生は「課題を提出する」ことがゴールになってしまいます。

提出課題は、あくまで「勉強の道具」であるにも関わらず、内容はともかく、提出だけは最低限しておけばいい、ということになっていきがちです。

 

つまり、「本当にマスターされないまま、2学期に突入をしている」という生徒が多く生み出されてしまう構造になっているといえます。

 

もちろん、これは全体に当てはまるとは言えませんが、少なくとも、生徒たちが通っている「志四中」「志村三中」では発生しているといえます。

9月は、1学期にできなかった部活動の大会や試合も入ってきています。

 

本当に中学生は、大変です。おそらくここ10年で最も大変が学年ではないでしょうか。

保護者の親御さんには、ぜひ、こうした背景も考慮してあげてほしいと思います。

 

もう1度申し上げますが、通常の中学生では、このバランスをとることは難しいと思います。

中1の学年でいえば、移行措置も入ってきている現状や都立入試にスピーキングが入ることなど、多くの親御さんはご存じないようです。

 

上にお兄さんやお姉さんをがいるからこそ、情報のアップデートをいただく必要があるかと思います。

 

特に、志村三中と志村四中については、早めの対応をとっていく必要があると思います。

ご相談などありましたら、当教室へご相談ください!

じっくりと、サポートさせていただきたいため、1か月に新規受け入れ生徒は2~3名ほどとさせていただいております。

10月枠は、残り2名となります。(残り1名となる可能性アリ)

お受けできないケースがありますが、その際はご容赦ください。

 

個別指導と個別学習の組み合わせで、学習量の底上げをサポートしていきます。

 

お問合せはコチラへ!

お問い合わせ

アーカイブ