2020.9.25

睡眠不足のままだと、点数は上がりませんよー!

こんにちは、ナカジュク蓮根教室の小泉です。

 

中間テストシーズンになってくると、よくいただく相談があります。

 

「先生、点数どうやったら上がりますか?」

「先生、どうやって勉強すればいいですか?」

 

この2つは鉄板の質問です。

 

このページをご覧になっている方は、保護者の方かもしれませんし、生徒さん本人かもしれませんが、

大切なことを知ってください。

 

「学校で眠気と闘っているようでは、成果は出ない」ということを。

 

一昔前の睡眠不足の意味合いと、近年の中学・高校生の睡眠不足の意味合いは若干異なります。

 

 

 

語弊が無いように伝えたいのですが、

「塾は学校ほど時間を使うことはできない、学校ありきの塾の学習である」

 

だから、

 

学校で眠いと学校で本来取り組む分まで、塾という環境で学ばなくてはならなくなってしまいます。

 

これが、いかに大変なことなのか、おわかりでしょうか?

 

 

通常、英語や数学であれば、1週間に3~4回の授業があります。

それを塾だと1週間に1回、80~90分程度で理解させる。

 

これが成り立つのであれば、学校の授業の存在意義はなくなってしまいます。

 

学習の成果が発揮されやすい生徒の特徴としては、やはり、

「学校でしっかり取り組んでいる生徒」ということだと思います。

 

これは、私たちが何もできないということではありません。

学校が時間をかけて学習&定着を図っていることを、半分の時間ですべて完結させることは並大抵のことではない、ということを伝えたいのです。

 

仮に学校と同等の時間数を確保できるのであれば、きちんと成果を出すことができるかもしれません。

しかし、学校と違って、塾は民間教育ですから、「お金」がかかります。

 

そのため、学校同等の時間数を塾で確保をすることは、家庭の経済的負担の観点からも難しくなります。

だからこそ、宿題やら自習という手段で、サポートをしていくのです。

 

しかし、そういったサポートをしようとも、眠気はやはり天敵といえます。

 

一般的に勉強は

 

量×質=点数

 

といえると思います。

 

多くの家庭は、「量」=「学習時間」にだけ注目することが多いです。

(逆に、勉強法がわからない、ということで問い合わせをもらうことがありますが、本当に勉強法がわからないだけの場合は、短期的に成果がでます)

 

量は、ある程度時間確保を強制的にさせれば、実現できると思いますが、

質に関しては、そうもいきません。

 

その質を最も下げるものが、そう、「睡眠不足」といえます。

 

 

塾では、目が冴えていたとしても、肝心の「学校で眠くて、授業に取り組めていない」とすれば、

これは、実質昼間は勉強したことになっていない、といえるでしょう。

 

 

では、昼間眠くなってしまう原因というのは、いったい何でしょうか?

 

眠そうだ、というのは、目に見える現象なので注意をすることができますが、

根本的な原因(本質)を改善しなくては、本当の意味で学習効率は上がりません。

 

 

その本質(原因)の多くは、

 

「夜更かし!」であるケースが大半であるようです。

昨今では、中高生の場合、1人1台スマホを持っているかと思います。

自宅では、Wifiにつながっていることから、無制限に利用ができてしまうと思います。

 

 

親御さんと別室で行動をしていたり、自分の部屋を持っているお子さんの場合、本当に就寝している時間は何時でしょうか?

親御さんもお仕事があるケースが多いので、先に就寝されていることも多いのではないでしょうか。

 

塾生の中にも、就寝時間が12時、1時ということを耳にすることがあります。

 

 

こういうことを塾が言うのも何なのですが、

「お金をかけて塾に通わせるよりも、就寝時間を早めて、睡眠時間を確保する」ほうが、経済的であり、成果も出やすいと思います。

 

 

塾だと、どうしても塾の教室内でしか、影響を与えることはできません。

 

だからこそ、保護者の方には、教育費をかける以前に、「生活リズムの見直し」をしていただくと良いと思います。

また、オススメなのは「利用時間の制限」をスマホで設定をすることです。

お子さん自身で、スマホの利用管理を自制できない場合は、保護者がしっかりとスマホ制限の機能を活用して適切な生活を担保すべきだと思います。

それができないようであれば、テストの点数が上がらないことを嘆いていけないとも思います。

お悩みの方、方法がわからないという方は、以下のページなどご参照ください!

 

◆iPhoneの機能制限

https://dekiru.net/article/17092/

 

◆子供にスマホを持たせる前にすべき機能制限(Android)

子供にスマホを持たせる前にしておくべき機能制限の設定(Android編)

 

当塾が気になる方はコチラよりご相談ください!

お問い合わせ

アーカイブ