最近、あなたの勉強する姿勢を見ていて、まだ足りないと思うことがあります。

それは、「なぜを問う」ことです。

教わることを鵜呑みにせず、疑うこと。なぜを問うこと。

勉強しているときに教えてもらったことをそのまま記憶するだけでは、学力は伸びません。しっかり自分の頭で考えることがもっとも大事です。そこから、勉強は面白くなってくるのです。

中間考査まであと少し。なぜを問い、考えることを大切にしてください。なぜを問うことが、すなわち、考えることです。

秋山大治郎

 

アーカイブ