2020.4.1

自分の頭で考えなければ

新年度が始まりました。 学校は4/6(月)に再開されるのでしょうか? 板橋区の教育長から昨日3/31付で以下の文書が出ました。 https://www.city.itabashi.tokyo.jp/kyoikuiinkai/gakko/1021926.html これによると、区内の学校再開日は 区立小中学校 令和2年4月6日(月曜日) となっていますが、その夜に 都立学校では大型連休後まで休校の継続を検討しているニュースが出ました。   国⇒都道府県⇒市区町村という順に意志決定されるのが流れだと思いますが、 コロナウィルスの件に関しては「決定が下りてくる」というより「裁量権が与えられる」ということが多いように感じます。 組織に属すると、誰かの決定によって物事が決まるケースが多く、 子どもでも大人でもその流れによって行動が決まることがほとんどだと思います。 僕が勉強している限りですが、 江戸末期の幕府や藩などの組織もそうしたことが多く、 先例にならい、厄介ごとを増やさずに自分の家の禄を守ることが目的とされた時代から 産みの苦しみを伴って明治が始まったことを考えると、 コロナウィルスをきっかけとして 日本国民一人ひとりが自分の頭で考えて決定しなければならないことが増え、 主体的に物事を考えられる人が僕自身も含めて増えていくといいなと思っています。   来週月曜日に学校は再開されるのか? はとても気になりますが、 中高生の皆さんにはただ待つよりも今できる自分自身のこと(外出自粛や勉強など)にしっかりと励んでほしいと思います。   岩瀬善孝

アーカイブ