2018.6.15

主体的ということ

「主体的」という言葉をある辞書で調べると、こう書いてありました。

「他の人の考えに動かされないで、自分自身のしっかりした考えによって行動するようす」と書いてありました(学研『現代標準国語辞典』)。

 

勉強をやらされていると考えるのは、「主体的」な態度とは言えないでしょう。とはいえ、僕も、当時は、やらなければいけないものと思って勉強していました。これも、「主体的」な勉強とは言えません。

 

小学生や中学生から「主体的」に勉強するというのは、難しいことなのかもしれません。しかし、実際に「主体的」に学ぼうとしている生徒たちもいます。「主体的」な勉強ができるか否かは、受験などの外的な要因が関わっていることもあります。しかし、それだけではありません。

何のために、勉強するのか?ということを考えているかが重要だと考えています。このような目的が、生徒たちの心に生まれれば、「主体的」な勉強ができるようになります。

「自律」ある「自立」した人になって欲しいと願います。「主体的」な勉強ができる人は、どんどん伸びてゆけます。

「何のために、今この宿題をやっているのか?」「何のために、今この難しい問題を解いているのか?」「何のために、今自分は塾に来ているのか?」

これらの質問を自分に投げかけてみてください。きっと「主体的」な勉強への第一歩を踏み出すことができます。

偉そうなことを書きましたが、この文章は、過去に「主体的」な勉強ができなかった自分への手紙でした。

飛澤尚弥

アーカイブ